保安検査(セキュリティチェック)を攻略する

強固なセキュリティの金庫 出入国
スポンサーリンク

飛行機に乗る時に必要なセキュリティチェックで気を付けたいこと

出国の時の流れでセキュリティチェックで何があるかを書いていますが、実際にセキュリティチェックで持っていたらNGなもの、これはダメでこれはOKというのが分かり難いと思いますので詳しく解説していきたいと思います。

そもそも預け荷物でないといけない物

手荷物で持ち入れないものは預け荷物にしておく必要があります。例えば包丁や刃物などの危険物やガススプレー缶、オイルライターの燃料、花火クラッカーなど多岐にわたります。危険物に該当しそうな場合は航空会社に確認すると良いでしょう。基本的には預け荷物を預ける際に危険物などに該当するものはないかを聞かれると思います。そこに該当する物の一覧が掲示されていると思うので気になる場合は相談しましょう。

国土交通省のホームページはこちら。ここの「リスト(日本語)」に詳しく書かれています。

困ったことに、たまたま見つからず通過できて、帰りの便で没収されるケースもあります。一度問題なかったから大丈夫とは限らない点にご注意ください。

要注意!予備のバッテリーは手荷物?

考え方としてはセキュリティに関するもの(危険なもの?)は機内持ち込みは厳禁で、預け荷物にしなければなりません。水がダメなのも水分を使った危険物を混ぜて作るような事例(未遂のようですが)があったためです。手荷物がダメなら預け荷物…と思いきや一部例外があります。詳しくは上記のリンクで確認して頂きたいのですがここでも触れておきます。

パソコンの予備バッテリーなどで容量によっては預け荷物に入れておくのがNGとなっています。理由はトランクなどに入れておいたバッテリーが衝撃で発火することがあるからです。

この辺りは最近追加された内容で航空各社、空港によって扱いが異なる可能性があります。荷物を預ける際に聞いておくとよいでしょう。手荷物にした場合はX線検査でパソコンなどと同じくトレーに出しておくと安全ですね。

金属探知機と手荷物のX線検査

チェックインカウンターで預け荷物を預けた後、セキュリティチェックに移動した後の話です。人間は金属探知機で検査、手荷物はX線検査をします。基本的に金属に関するものは手荷物に入れておく必要があります。身に着けているものも手荷物に入れてしまいましょう。財布、スマホ、ズボンベルト、鍵などでしょうか。少し厳し目の検査の場合にはこれに加えて上着、靴なども手荷物を入れるかごに入れるよう指示されることがあります。

セキュリティチェック

また厳しめの空港であればボディチェックも行われます。全員やる場合やランダムやる場合も。安全のためですから協力しましょう。

鞄から出す必要があるもの

セキュリティエリア内の手荷物検査で、手荷物に入れたままではいけないものがあります。先に準備してすぐに出せるようにしておくとスムーズな検査ができると思います。

電子機器類は袋から出して検査する必要があります。鞄等に入れたままでX線検査に預けると鞄のチェックができず一度戻って電子機器を出すように促されます。場合によってはカバンの中身を一度出すように言われたりするので先に出すように注意しましょう。また鞄から出していてもパソコンだけを入れるソフトケースに入ったままでもダメと言われることが多いのでご注意ください。袋から出しましょう。スマホや電子辞書なども同じように出しておいた方が良いです。ちなみにスマホや電子辞書はケースに入れたままで問題ないです。

液体関連についても手荷物から出して置く必要があります。かなり細かく決められています。以下、成田空港の液体物の持ち込みについてのページです。液体物の持ち込みについて(国際線)ジップロック等の透明な袋にあらかじめ入れておく必要がありますね。容量も決まっています、事前にチェックしておいてください。

ちなみに筆者は汗拭きシートを持って諸外国を回り戻ってくるというのを数回繰り返していますが今まで止められたことはありません。が、実際に没収された話をいくつか聞いたことがあります。ある芸能人も外国からの出国時に止められたとか。水分が多いものなのでセキュリティチェックで問題だと言われてしまえばそれまでです。液体の量が多いと問題となるため、外国に行く際に必要であれば最低限を手荷物に、現地で使う分や帰りに使う分はスーツケースに入れて預け荷物にしておきましょう。

他にセキュリティチェックされることありますか?

政情不安定であったり、厳戒態勢を敷いている場合などはセキュリティチェックを何度もされることがあります。そとから空港に着いてすぐ入った所でX線を通すこともあります。手荷物検査であればトランスファーの時、搭乗口の前などもあります。少し面倒ではありますが安全のため協力しましょう。

ちなみに特に安全に配慮している場合は空港に限らず、人の集まる施設、ホテルなどに設置されていることもありますよ。この時は財布や携帯を一時的に身から放すのでくれぐれも取られないようにご注意を。

たまに「詳しく調べるから鞄を開けてください」と頼まれることがあります。筆者は全部合わせると5回くらい経験ありです。スーツケースを空港に持ち込む際に言われた時は大変でした。ホテルでお土産を詰めに詰めたときだったので。X線で調べた後に念のため、とランダムに調べているだけなので協力してあげましょう。これは?これは?と色々パッケージなども開けられることがあります、その時はあきらめましょう。筆者はカロリーメイトの包装を開けられたことがあります。買ったままの状態だったんですけどね。(包装紙から中身を出された時はこの人お腹減ってるから食べたいのかなとか思いました。そのまま戻されましたけど)基本的に開けて見せるときはこちらは手を触れないように言われると思うので黙って見ていましょう。開けてと言われれば開けてあげてください。

かなり昔ですがアメリカの空港で出国審査待ちの列に並んでいるときに係員の人に肩をたたかれ、「こっちだよー」と言われたことがあります。(なんだろ、別の列に並ぶのかな?)とついて行ったらボディチェックの検査をする列に並ばされました。ランダムに何人も連れてこられているようでした。