旅行や出張で海外に行くことが決まったら必要になる手続きは?

パソコンにキーボードを使って入力しているところ 海外出張、海外旅行
スポンサーリンク

海外に行くときに必要な手続きを確認しよう

にゃんでくん
にゃんでくん

パスポート取るのって時間かかるんだねぇ

にゃんとはかせ
にゃんとはかせ

そうですね、身分を証明するものだから時間かかりますね

にゃんでくん
にゃんでくん

パスポートはもうすぐできるけど、他には何か準備するものあるんだっけ?

にゃんとはかせ
にゃんとはかせ

ハワイならアメリカだからESTAの申請が必要ですね、あとはクレジットカードは持ってますか?

にゃんでくん
にゃんでくん

えすた?クレジットカードも持ってないよ

にゃんとはかせ
にゃんとはかせ

下の記事の「パスポート」「クレジットカード」のところに詳しく書いておいたのでみてみましょう

事前準備と言っても様々。持っていくものだったり、手続きだったり。準備に日数がかかるものもあります。ギリギリに用意していて書類不備で間に合わなくなった!なんてことになったら大変です。必ずしも必要ではないものもありますが内容を確認してみてください。

パスポート

重要度★★★★★
まずはパスポート、これがないと始まらない。日本語表記では”旅券”ですね。
日本人は若く見られることが多いので空港なんかでお酒を頼むと「ID please!」なんて言われたりします。身分証を見せろってことなのでパスポートを見せましょう。かなり早くから準備しておく必要があります。海外に行くことが決まったら一番最初に用意したいですね。ビザの申請やホテルの予約時など、事前の手続きにも必要になることが多いですよ。

外国で身分を証明できる国際的身分証パスポートとは?
海外に行くときに必要となるパスポート。どうやって入手する?そもそもパスポートって何?手続きや注意点などをまとめてみます。

クレジットカード

重要度★★★★
クレジットカード。海外で使うお金を払うときに使います。
もちろん現金を用意して行ってもいいのですがその国ごとのお金を用意するのはそれなりに大変です。日本ほど治安が良い国もあまりありません。クレジットカードであればジャラジャラしませんし、かさばりません。持ち込みや持ち出しの現金金額に上限がある場合もあります。ホテルに泊まる時には事前にデポジット(保証金、預り金など)を渡す必要があることがあります。クレジットカードであればそのような手続きも含めてできるので楽です。

海外で使うのに適した、自分に合ったクレジットカードとは
海外に行くときのクレジットカードの選び方、国内で使うときと違った視点で調べてみよう

現地通貨

重要度★★★
ほとんどの国では日本と比べてもクレジットカードが普及していてどこでも使えることが多いのですが、現地通貨を持って行った方が良いケースもあります。この時、メジャーな通貨であれば日本で事前に替えておけます。メジャーな通貨ではない場合は日本で米ドルやユーロなどに替えておきましょう。この時お札で大きい金額のものにしてしまうと受け取り拒否や難色を示されることがあります。少し小さめの額のお札を持っていくとよいでしょう。(1万円札のような額、あるいは一番大きい額のお札は受け取ってもらえないことがあります)
海外に行く前に現地通貨について知っておこう。
通貨とは国(もしくは地域)が発行しているお金のことです。日本では”円”になります。アメリカではドル(米ドル)、ヨーロッパはユーロなどなど、このあたり有名なところはご存知でしょうか?海外に行くときはそれぞれの国、地域で使われている現地の「通貨」を準備する必要があるわけです。

航空券

重要度★★★★
旅行であれば旅行会社が空港で渡してくれるケースもあります。他にもeチケットを事前に貰えるケースがあります。メールで送られてきていて気付かなかった、なんてことにならないようにご注意ください。近隣諸国には船で行ったりするかもしれません。手配の仕方によって準備などが変わってきます。引き換えにする番号や事前に準備できる場合にはそれを持っていくのを忘れないようにしましょう。
飛行機で外国に行くなら電子航空券「eチケット」を知っておこう。
航空券とは?eチケットとか最近よく聞く、搭乗券というのもある?それぞれなんなのか解説

宿泊先情報

重要度★★★
パック旅行、ツアーなどであれば必要ないかもしれません。空港で受け渡しになったり、添乗員が持っていることもあるでしょうか。でもできればコピーとかとっておきたいですね。
ネットで手配した場合は番号やメールなどを印刷しておきましょう。スマホにデータを入れていて電源が入らない、メールがみれないなどの場合に海外だと対応が難しいことが多いです。印刷だと安心ですね。

予防接種

重要度★★★

国によっては必要になります。予防接種を行っているクリニックなどでご相談されることをお勧めします。行くことが決まったら早めに受けておきましょう。一部の国では「イエローカード」と呼ばれる黄熱病の予防接種の証書がないとビザが取得できないこともあります。事前に確認しておきましょう。