外国で身分を証明できる国際的身分証パスポートとは?

パスポート 準備
スポンサーリンク

パスポートって何?

日本語では”旅券” 海外での身分を証明するものです。年齢を確認したりするときにIDをみせて!って言われたりしますのでこの時はパスポートを出します。海外に行くには必須ですね。

パスポートの種類

パスポートにもいろいろな種類があります。通常ですと”一般旅券”を使うことになると思います。他にも公用旅券、外交旅券、緊急旅券などもあります。公用旅券と外交旅券は、大臣とか外交官とかそんな人が使うみたいです。緊急旅券は海外でパスポートをなくしたときなんかに発行してもらうものです。(できればお世話になりたくないですね。)

一般旅券以外を使う人はこちらのブログでは解説できないので、別途必要機関にお問い合わせください。一般旅券にも5年用(紺色)と10年用(赤色)があります。20歳未満ですと5年用しか選べませんが、20歳以上はどちらか選べます。手続きも大変なので個人的には10年用の方がおすすめでしょうか。以下は一般旅券のお話になります

パスポートの入手について

まずはパスポートの入手について”概要だけ”ご説明します。

なお、新規での発行と再発行、紛失時の発行で必要な手続きが変わってきます。

新規の発行について書いていきますね。発行機関は”外務省”ですが、申請手続きなどを行うのは各都道府県となります。パスポートセンター(旅券窓口)での手続きが必要です。申請してからだいたい1週間以上の時間がかかります。受け取りも自分で取りに行く必要があるので準備時間を多めに見積もってくださいね。時期によっては窓口がめちゃくちゃ混んでます!※都道府県毎で内容が変わる可能性もあるので詳細は実際の窓口にお問い合わせください。必要なものはだいたい以下の通りです。一部例外もあります。

申請書新生する場所に置いてあります、そこで書いてもOK!
身分証明書運転免許証が一番便利、なければ保険証と身分証2点など
戸籍謄本・戸籍抄本本籍のある市町村で入手、遠ければ郵送などの手続きでも
証明写真サイズ決まってるので確認してから、自動写真機でも
お金収入印紙で払います。パスポートセンターの近くで扱ってるはず
昔は住民票の写しも必要でしたが住民基本台帳ネットができたので必要なくなったみたいです。住民基本台帳ネットでの検索をしないなどの選択をしている人などは、住民票の写しも必要になると思いますのでご注意を

細かいルールが多いので、これから申請するって人は必ず窓口などへのお問い合わせをお願いします!ネットで調べるときは個人のページなどで古い情報だったりするのでお間違えの無い様に

外務省のパスポートに関するページはこちら

ビザ

ビザ、査証(さしょう)。詳しい説明は長くなるので手短に必要なことを。

日本における「パスポート」は日本人の身分を証明するために日本(外務省)が発行します。これは自分の証明です。外国に行く場合は外国側の事情もあります。日本にある他国の大使館、領事館が「うちの国に入ってもいいよ」と許可を出すのがビザです。

但し、日本人が良く旅行などに行く国に短期で観光目的で行く場合国によっては「ビザ免除」され、ビザは必要なくなっています。国同士の取り決めなので必要なこともありますよ!ビザの免除については色々な理由があり、主に国同士が友好な場合や観光に力を入れている国はビザ免除されていることが多いです。なので日本はビザ免除でも他の国の人はビザが必要、みたいなこともあります。

観光目的ではビザが必要なくても仕事で行く場合や長期滞在などの場合は必要になる場合がありますので、事前に準備しておきましょう。また上記のとおり国によっては短期の観光でもビザが必要になります。国ごとに違いますし、必要かどうかは変わることがあるので旅行、出張が決まったら必ずもう一度確認しておきたいですね

外務省のビザに関するページはこちら

電子渡航認証システム(ESTA、eTA、ETA)

ESTA(エスタ) アメリカ
eTA(イータ)  カナダ
ETA(イータ)  オーストラリア(ETASと表記されていることもありどちらも正しい)
ビザ免除される国でも別の手続きが必要となることがあります。これが電子渡航認証システムです。国によって詳細が異なりますが概要はおおむね以下の通りです。パスポート情報が必要なのでパスポート申請中の場合は入手してから手続きしてください。
1.インターネット経由で事前に申し込みが必要(お金を払います)
2.パスポート情報、個人の名前などを入力して登録
3.数時間から数日待って登録完了を確認する
4.1年から5年の間、有効期間内の再渡航では再申請しなくていい。(国によります)
5.パスポートと紐づいているので再発行などしたら、再度申込みしなくてはならない。
お金の支払いはクレジットカードになります。代行で申請してくれる業者もあるようですが、通常本来の支払金額より高くなると思いますので、金額を調べて高くなりすぎるようでしたらご自分でやった方が良いかもしれませんね。申請後、登録完了になるまではすぐの場合もあれば数日かかる場合もあります。時間の余裕をもってお申し込みください。
カナダ:eTA申込公式ホームページ
パスポート、クレジットカード、eメールアドレスなどが必要になります。
アメリカ:ESTA申込み公式ページ
個人で申し込む際は、アメリカで有効なクレジットカードでの支払い、パスポート情報、連絡先(メールアドレス、電話番号など)が必要になります。2019年現在14ドルですが代行だと高くなることが多いです。
オーストラリア:ETA申込公式ホームページ
注意:オーストラリアの電子渡航認証は個人でオンライン申込みを行うと20オーストラリアドルかかります。代行業者が使うシステムの方が安いため代理店によってそちらの方が安いことがあります。費用を気にする方は調べてみてください。

帰国のための渡航書(緊急旅券)

現地での再発行は手続きが大変

日本にいるときになくした場合は無くしたことを届け出る必要があります。公的な身分証明書なので手続きしておかないと万が一他の人に悪用された時に被害を蒙ってしまうからです。警察等で遺失届出書を入手して手続きしましょう。

では海外にいるときに無くしたらどうでしょうか?海外では自分の身分を証明するためにパスポートは必須です。帰国するにももちろん必要ですから新たに仮のパスポートを作らなくてはなりません。手続きとしては現地警察署に届出、現地日本大使館(または領事館)に申請が必要となるようです。パスポートを再発行してもらうケースと帰国のための渡航書を発行してもらうケースがあります。パスポートの再発行は時間がかかりますが旅程に問題がなければこちらが良いかもしれませんね。帰国のための渡航書というのは日本に帰るだけの片道切符です。いくらか早く発行してもらえます。どちらも戸籍謄本などの日本人であることを示す書類が必要となるので日本にいる家族などに入手をお願いすることになります。顔写真も必要になりますから事前にパスポート用の写真の予備を持っておくといいでしょう。(国によってはあとで入手するのも簡単かもしれませんが)他の書類は現地の日本大使館や領事館で入手します。紛失には注意しましょう!

外務省のパスポート紛失に関するページはこちら

注意点

個人的にパスポートで注意したい点は以下の通りです。

  • パスポートの有効期間間際だとビザなどがおりない事や入国時に問題になることがある

だいたい目安は有効期間残り半年くらいです。旅行中にこれ以下になる予定の場合はパスポートの更新をしておいた方が良いと思われます。パスポートの更新は有効期間が1年を切ったらできますので前もってわかっていたら手続きしておいた方が良いですね。

  • ICチップが入ってます!

2006年からパスポートの中央にICチップが入ったものに変更されました。今まではただの紙でしたが2006年以降に発行されたパスポートは冊子の中央あたりに厚い紙がありそこにICチップが入っています。個人情報などが入っているそうです。取扱いにご注意ください。セキュリティ的にもそうですが曲げたり落としたりなども場合によってはチップが読めなくなり問題になります。