海外旅行で持っていると便利なグッズ

買い物レシートアイテム

海外旅行では何が必要なんだろう?便利なアイテムをご紹介

海外旅行、海外出張ではいろいろなシチュエーションで様々なアイテムが大活躍します。「あっ、あれあったら便利だったのに忘れた!」なんてことが無い様に一通りチェックしてみてください。電化製品は別のページにあります。

ここでは筆者が便利だったアイテムをご紹介していますが自分で必要だと思うものを取捨して最適なアイテムを揃えてくださいね。

海外で使いたい家電系アイテム(買い忘れありませんか?)
海外で便利な家電アイテムを紹介こちらでは家電系製品のおすすめなどを紹介します。もし時間があって吟味できるなら大型量販店に行って買い揃えてもいいと思います。大きめの家電は実物見た方が良いことも多いです。ただ海外に持って行くものは小さめの物が...

カバン系

折りたたみバッグ

メインバッグに忍ばせておいてお土産など荷物が増えたときだけ使える折り畳みバッグ。エコバッグのようなものでもいいのですが、旅先ではチャックがあるほうが良いと思います。ビジネスでも荷物が増えたときや貰った袋が破けたときなどいざという時に使えますよ

パスポートケース

パスポートケースを変えると旅行や出張の時の利便性が激変します。搭乗券は普段はケースの中に入れておいて、セキュリティチェックの列に並んでいる間にケースの外側のポケットに入れておきます。チェックするときになって中から出したりすると気をとられてしまいます。他にも貴重品系をまとめておけるので便利ですね。何もかも入れてしまうのは危険ですが素早く出し入れするためにも機能的なものを持っておきたいですね。

にゃんとはかせ
にゃんとはかせ

何もかも入れてしまうと重くなるので、小銭は数枚、お金も非常用だけにしたほうがいいでしょう「空港で出し入れするもの」に限定して入れるようにしておいた方が良いと思いますよ

にゃんでくん
にゃんでくん

パスポートだけ入る小型のケースもいいけど、搭乗券や入国カード、あとは入国審査の時に見せる旅程なんかを全部一緒に入れられると便利だね。ホテルに泊まる時もパスポートを出すことが多いから、一緒に使うクレジットカードも入るといいかな。

ここに注意!パスポートケース

パスポートケースはぴったりすぎると大変です。何が大変かというと、入国審査の時にケースから出して渡さないといけないことが多いから。機械に通したりチェックするのにケースから外すよう言われることが多いです。ケースから落ちてしまうようなものは困りますが、ある程度素早くケースから出せるタイプのものを選びましょう。

入国審査官
入国審査官

透明なケースでも機械でチェックするときに通らないことがあるから出して欲しいことが多いです。入国審査の人にそのまま渡して破れてしまうこともあるかもしれません。ご注意くださいね。

整理整頓系

小さくするしたりする以外にも纏まっていたほうがいいことがあります。荷物検査で中を開けるときです。運が良ければ中を開けずに旅を終えることもありますが、何度もスーツケースや手荷物を開けることがあります。ある程度まとまっていたほうが急いで片付けるとき便利ですよ。

圧縮袋

筆者は安物を買って現地で苦労したことがあります。初日にいきなり破れちゃったんですよね。高いものを買えばいいかと言うとそういうわけでもありませんが、いくつかの種類を買ってみて使いやすく、質の良いものを持って行きたいですね。冬服などはかさばりますのでこれがあるのとないのではスーツケースの容量がかなり変わってきます。

ジップロック、チャック付ポリ袋

これは近所で買ってもいいかもしれません。ジップロックであれば密封性があるので液体ものを入れておくにも適しています。預け荷物に入れておいてもいいのですが気圧の変化でやぶけてしまうかもしれないので密封状態にするときはできるだけ中の空気を抜いておいてくださいね。ほんの少し口を開けておいてもいいかもしれませんが、中身が出てくるかも。

空港の液体検査でも使いますが、預け荷物にいれるのにもかなり使えますね。チャック付ポリ袋の場合は液体が出てしまうこともあるので用途に合ったものを選んでください。いくつかの国に行くなら国ごとにお金を分けて入れておくと出し入れするときに分かりやすくて便利ですよ。ほかにも領収書などを分けて入れておくと良いかもしれません。

ゴミ袋(よく使われる大き目の半透明ポリ袋)

濡れたら困るものを入れておいたり、逆に水分の多いお土産を入れておけます。普段家で使っているポリ袋の大き目のものを1,2枚持参しておくといいかもしれません。

飛行機で使えるもの

飛行機の中で使えるもの、間違えて預け荷物に入れてしまって使えないなんてことの無い様にご注意ください。また自分の体にフィットするか、あっているかを確認するために事前に使ってみた方が良いかもしれませんね

快適系

サンダル

飛行機に乗った後、締め付けられる靴を履いているとリラックスできません。靴を脱いでも席を立つたびに履きなおしたり、暗くて靴が見つからないなんてことも。着いてからのホテルでも使えますね。好みもあると思うのでお気に入りを探してみてください。

筆者としてはスリッパタイプも捨てがたいのですが、かかとがあるものだと突然後ろに下がった時に脱げなくていいと思います。

睡眠系

 ネックピロー

色々なタイプのネックピローがありますが、飛行機で使うことを考えると携帯性が重要です。空港で買うこともできそうですが、いざ合わなかったら困りますよね。例えば車の座席に座って使い心地を確認しておけるといいでしょう。移動時は荷物の外側に巻きつけておいて飛行機の中では首に巻いておいたらあまり邪魔にならないでしょうか

耳栓

これも人を選びますね、違和感が大きいと寝にくくなりますので合うものを探しておきましょう。音楽を聴いたりする予定の人はノイズキャンセルつきイヤホンでもいいかもしれませんね。

アイマスク

アイマスクも様々な種類があります。長距離便の時は合った方が良いと思います。意外ですがホテルでも使えるかもしれません。暗くないと眠れない人で相部屋の場合など。いざ必要になったときに代用するものの準備をすることができません。

にゃんとはかせ
にゃんとはかせ

飛行機の中で使うのなら小さいものがいいかもしれません。手荷物に入れると邪魔になります。あとは真っ黒だと探しにくくなるので色がついているものでもいいかもしれませんね。

洗濯系

ランドリーサービスを使えばいいかもしれませんが、長期の滞在の場合は高くつきますし、一泊だけだったりして旅程が合わず時間が取れない時は自分で洗いたいこともあります。筆者は基本的に自分で洗います。独特な洗剤の匂いで気持ち悪くなったことがあって…人それぞれだと思いますが、事前に準備しておかないと洗うのも大変です。短期旅行の時にも軽く洗えるように持って行ってもいいかもしれません。

洗剤

筆者は家では液体洗剤派なので旅行にも液体洗剤を購入していきます。ちゃんとしたホテルで使う予定なら洗面台でもお湯も出ると思うので、粉洗剤の方が持ち運びでこぼれたりしないのでいいかもしれませんね。普段使っている洗剤を持って行くなら小分けにして必要量だけを持って行った方が荷物が軽くなりますよ。また帰りは使い切って袋を捨てて来れたらいいですね。ウタマロはワイシャツの袖や首周りの汚れを取るのに最適、普段でもよく使ってますが旅行の時は特に重宝します。

洗濯パック

洗面台のついているホテルならいらないかもしれません。ですが洗面台を使うと洗剤を多く使いがちなんですよね。洗濯パックで洗うと水も少なくてしっかり全体を洗えます。

干す

洗濯物を干すのに場所がない事が多いです。ひっかける場所がないので部屋の色々なところにかけてカーテンレールにかけたらほこりがついてしまったこともあります。洗濯紐があると長さが届けば、たくさん干せますよ。ただの紐状だと傾いていた場合に洗濯ものがくっついてしまうのでそこは考慮したいですね。

ホテルのバスタブの栓

カテゴライズが難しい…。バスタブの栓がない時のために使えるアイテムです。サイズが合わないこともあると思うので使えたらいいな程度の気持ちで。シャワーで充分な人は必要ありませんし、ホテルによっては栓があるのでホテルのランクによってあったらいいかな気持ち程度で。

普通に検索してもなかなかヒットしないアイテムが多いです。旅行以外でも台所のシンクで漬け置き洗い、オキシ漬けなどに使ったりできるものもあるようなので、気になる人はチェックしてみてください。

バスタブの栓

日用品

ティッシュ

それなり以上のホテルならティッシュについては部屋に備えつけがあると思います。どちらかというと観光の時など外回りで使うものを想定しておきましょう。ホテルのランクや行く期間によっては箱型のティッシュも必要かもしれませんね。鼻をかむときに使うのがメインならやわらかいものが良いですが、ケースバイケースで普通のポケットティッシュが良い事もあります。自分に合ったものを選んでおきましょう。また水に流せるタイプのティッシュも便利ですが、国によってはトイレに紙を流せない場合もあるので気を付けておきましょう。

ウェットティッシュは行く国によっては手軽には手に入りません。また除菌をしたいときなどに便利。ついついお徳用の大きなものを買うことが多いですがカバンに忍ばせて置けるような枚数の少ないタイプもいくつか持って行くと便利ですよ。ホテルにいる時間が長い人や除菌に気を使う方は大きなタイプを持って行くと便利でしょう。

通常はランクの高めのホテルなら予備が置いてあります。筆者の経験で数回ですが、1つしかなくてなくなりかけになって初めて新しいものと交換されるホテルもありました。一泊だったら問題なしですが連泊の場合は困りますよね。滞在が少し長めの場合でホテルのランクによっては1ロールだけ手持ちでもっていってもいいかもしれません。

レセプション(ホテルフロント)や電話で頼んでもいいですけどちょっと敷居が高いかなと思います。

食べ物系

筆者の経験上持って行って助かったものを挙げてみます。

あめ

口さみしい時になめます。飛行機の中もそうですが乾季の場所など旅行中は乾燥しがち。人によっては風邪をひいてしまったり体調を悪くする原因にもなります。のど飴が良いと思いますが口直しで自分の好きな味のアメもあるといいですね。

旅程や行く国の情勢にもよるでしょうか。例えば深夜に到着する予定の場合には、日本のようにコンビニでとりあえず何か食べ物を買う、ということができない国が多いです。遅くまで空いているレストランもあまりありません。ホテルのルームサービスがあれば夜でも食べ物が手に入るかもしれませんが。当てにしていた最寄レストランが改装工事をしていた、なんて話も聞いたことがあります。必要になる可能性があれば事前に買っておくといいでしょう。筆者は多めに買って日本に帰ってから非常食として保管しています。仕事で行く人は現地の友達や同僚にあげたら喜ばれるかもしれません。

水分を多く含む非常食は旅行の時には重くなってしまうので水気の少ないものを選ぶといいと思いますその替わりに旅先ではペットボトル入りの水などを必ず確保するようにしましょう

非常食についていなければ必須!(はし、フォーク、スプーン)

意外に忘れがち。外食しかしない人は問題ないでしょう。プラスティックや木製で捨てられるものを持参するほうがいいです。重くなりますしね。