「TSAロック」のここを知っておきたい!

海外マメ知識
スポンサーリンク

TSAロックとはなんぞや

「TSAロック」知ってるつもりのこともあるかも知れません。筆者の経験談も踏まえてなんなのかを解説します。

TSAロック

アメリカ合衆国運輸保安庁(Transportation Security Administration)は公共交通機関の安全性を保つ組織ですが、この組織が認定した施錠機構(鍵)のことをTSAロックと呼びます。

アメリカ内での公共交通機関を使うとき(主に旅客機)に荷物を預ける際には鍵をかけてはならない、もし鍵をかけていたら破壊して開けられても損害保証はないという決まりがあります。TSAロックの場合は、マスターキーがあるのでそれを使って解除してくれるので鍵かけても良いということですね。

なぜこのような仕組みがあるのかと言うとX線で中身を確認できるのですが、目視しないとわからないケースがありその時に鍵がかかっていると確認できないため、とのことです。安全のためなので協力するしかないですね。

TSAロックの種類と仕組み

TSAロックは旅行グッズとして色々な種類が販売されています。スーツケースの鍵がTSAロックになっているもの、スーツケース用ベルトについているタイプ、南京錠タイプ、ワイヤーロックタイプなど様々です。

筆者はスーツケースについているタイプとスーツケース用ベルト、ダイヤルロックタイプものを所持しています。ダイヤルロックはこんな感じ。

TSAロックの南京錠

赤いマークがTSAロックの印です。こちらはダイヤルロックで鍵を開けます。ダイヤルを回して開けるので鍵は使わなくていい作りですね。ですがTSAロックなので鍵穴が付いています。

TSAロックの鍵穴

下から見るとこんな鍵穴が付いています。私たち一般の人はこの鍵穴は使いません。ダイヤルを回せば鍵が開きますので。アメリカで運輸保安庁の人が中身をチェックするときにはマスターキーをこの鍵穴に入れて開錠して中身を確認されます。ダイヤルタイプの場合はこのように別に鍵穴がありますが、元々鍵を差し込むタイプの場合は鍵穴は共有しています。

 アメリカに行くときはTSAロックじゃないとダメなの?

TSAロックはアメリカで使われていますのでアメリカ以外に行くときには特に必要ありません。TSAロックも普通のカギとして使えますからTSAロックでもそうじゃなくても問題なしです。アメリカを経由してどこかに向かう時は必要になりますので注意してください。

アメリカに行くときにTSAロックじゃない場合はどうなるのでしょうか?まず空港で預け荷物を預けるときにアメリカ行の場合は注意を促されるはずです。「鍵を開けてから預けてください」と。ここでスーツケースがTSAロックでない場合は鍵を開けてから預けましょう。鍵をかけてしまって預けた場合、運がいいとそのままの状態で返って来ますが、運が悪いと鍵を壊した状態で返ってきます。鍵の壊され方によってはスーツケースを運ぶこともままならない可能性があります。十分ご注意ください。念のためガムテープを持っておいた方が良いと思います。

筆者は今までアメリカには4回のほか、経由して中南米に2回の移動をしています。(頻繁には行ってないです)最初知らずに鍵をかけて預けてしまいました。中南米に行った時は、行きは特に問題なく荷物が帰ってきましたが、帰りは鍵が壊されてました。それからはまず日本を出る前荷物を預けるときにカウンターで聞くようにしています。でも今はアメリカ経由便のときは鍵をかけないようになりました。TSAロックでも鍵を壊されている人の話を聞くからです。検査のために鍵を壊しているのですが、念のため預け荷物には貴重品などを入れないようにご注意ください。

 アメリカでもTSAロックはしないほうがいい?

wikipediaなどにもかいてありますが、2015年にマスターキーのデータが流出したことがありました。某アメリカの新聞でマスターキーの写真が掲載されてしまい、これをもとに3Dプリンタで作成されてしまったとのこと。(TSAロックには種類がありすべてが流出したわけではないようですが)

そもそも預ける荷物には貴重品などを入れるべきではありません、手荷物に入れておきましょう。預けた後引き取るまでは鍵はかかっていなくても問題ないとのこと。現地に到着したらバケージクレームで荷物を引き取る時に他の人に持って行かれなければ鍵はかかっていなくても問題ないでしょう。

アメリカに行くのにTSAロックの鍵をかけておくかかけないでおくか、どちらか迷うときは荷物を預けるカウンターで聞いてみてください。アメリカでも都市、空港、またその時期によって対応が異なる可能性があります。個人の方でブログなどで色々書いていらっしゃいますが、たまたまダメだった人、たまたま鍵を壊されなかった人もいるはずですので参考にはなっても必ずそうなる、という保証はありません。

TSAロックだったにもかかわらず、鍵が壊されてしまっていた例もあるようです。心配な人は、スーツケース本体の鍵はかけずに、代わりにスーツケース用ベルトなどに鍵が付いているタイプがあるのでそちらでかけるようにしてみたらいいかもしれません。スーツケースの鍵が壊されたら、旅程に響くこともあります。ベルトなら交換するのも楽ですしね。