クレジットカードに身に覚えのない購入履歴(シマンテックのチャットサポートを使ってみた)

チャットサポート 雑記
スポンサーリンク

クレジットカードの履歴を確認したら気になるものが

巷でクレジットカードが不正利用されているかも!と言うニュースを見まして、クレジットカードの履歴を確認してみました。電子マネーのチャージとタクシー代・・・あれ?シマンテックストア.jpから9000円以上引かれてる?

にゃんでくん
にゃんでくん

記憶にないから不正利用?

いやいや、なんでよりにもよってシマンテックの買い物に不正利用するんだよ!と心の中で突っ込みを入れて詳細を確認しました。その時期に自分では買った覚えがない。ということは自動更新サービスかな?過去に何度かセキュリティソフトを購入しているのですが筆者が保管していた情報ではこの時期に購入したものがないので更新時期ではなさそう。

シマンテックさんはインターネットからアクセスして「メールアドレスとパスワード」を入力すると、登録されているソフトのインストール状況などを把握することができます。ログインしてみましたが、更新履歴的なものは見当たらない。どうしようかと思っていたらチャットサポートで解決したというような記事を見かけました。

チャットサポートとはなんぞや、あとシマンテックってなんぞや

困ったときのお問い合わせとして良く思いつくのは、電話でのお問い合わせ。「サポートデスク」「ヘルプデスク」なんていろんな呼び方されますけど、だいたい「困ったときに話して聞いて解決してくれる」ものですね。フリーダイヤルのものも多いですが電話代がかかることもあります。(携帯からはつながらないなど)。今回使えなかったのは受付時間外だったからです。10:00~19:00だったのですが気づいたのが23時くらいだったので受け付けられてなかったのでした。

にゃんとはかせ
にゃんとはかせ

チャットサポートはチャットでお問い合わせを受け付けてくれる機能ですよ、

シマンテックはソフトウェア会社です。特にセキュリティ対策ソフト、ブランド名「ノートン」などで有名ですね

チャットサポートとはチャットで問い合わせることができるサービスです。チャットというのはラインのように文字を打って相手とやり取りするツールですね。電話の文字版のようなもの(?)。さて実際に使ってみましょう。シマンテックの公式ホームページから「サポート」を選んで「お問い合わせ」を選ぶと色々メニューが出てきます。時間内なら電話も表示されると思いますが時間外では「今の時間は受け付けてません」と表示されますね。今回はチャットで問い合わせなのでチャットを利用するを選びました。

にゃんでくん
にゃんでくん

「サポート>お問い合わせ>ライブチャット」で「チャットを利用する」を選ぶんだね。実際にチャットを始める時には色々入力してから始めるのでわかっている情報をメモ帳とかに書いておくといいね。貼り付けるだけで情報を伝えられるよ。

さっそくチャットサポートを使ってみる

まずは、名前、メールアドレス、電話番号、何の問い合わせかをカテゴリーで選択、問い合わせ内容を入力していきます。その後は、同意するかどうかのボタンを押すと別ウィンドウが表示されてチャットが起動します。

にゃんとはかせ
にゃんとはかせ

筆者がやったときは「つなげています」と言う表示の後に最初の質問として、直前に書いた問い合わせ内容が自動的に表示されました。伝わりにくいなと思ったら、その後のチャットで補足してくださいね。

担当者につながったあとは知りたいことを聞くだけ、キーボードのタイピングに自信がなかったら聞きたいこととか聞くだろうことを最初からメモ帳とかに貼り付けておくといいですね。チャットサポートの担当者は事務的であってもいろいろ相談に乗ってくれました。

まずはメールアドレスから調べてもらったけど「そのメールアドレスではその時期に購入はしてない」とのこと。あれ?ふつうこのメールアドレスで買ってるのに?すると「電話番号を教えて貰えますか」と言われたので、ずっと変えてないはずの携帯電話の番号を伝えました。そうしたら「別のメールアドレスで購入されてますね」と一部非表示のメールアドレスを提示してくれました。(あ、実家のメールアドレスだ)。

実家で家族のパソコンを設定したときにクレジットカードを使ったのでした。自分のパスワードなどの管理から外れていたので調べきれなかったことが判明。はずかしい。

さて、実家のパソコンはもう使っていないことが分かっていたので返金処理をしてもらおうとしました。返金はこの時は「購入してから60日以内ならできる」とのことだったので。すると「返金処理もできますが、ご提案があります。他のアカウントに先ほどの期間を振り替えませんか?」と提案されました。なるほど、そういうこともできるんですね。そのまま色々聞いていたら「インターネットセキュリティとセキュリティデラックスのソフトを持ってるけど無償でセキュリティデラックスにアップグレードできますよ?」とのこと。セキュリティデラックスの方がデバイスの対象範囲が多いので(スマホなどにもインストールできる)そのままアップグレードしてもらいました。

あとは自動延長について止めてるのと止めてないのとあったのでその辺を教えてもらいました。受注番号というのがあると自分で止められるんですがいくつか紛失してしまっていたので助かりました。チャットサポートを使えば止められるんですけどそれだけお願いするのはめんどくさいし、受注番号を教えてもらったので自分で止められるようになりました。

チャットサポートで良かったと思う点

文字で残る!

まずは電話だと何を話したか書き留めたりしておかないと忘れてしまうとおもいますが、チャットならそのウィンドウを閉じるまでは表示に出続けます。最後に印刷ボタンを押して印刷しておけば何を話したかを残して置けます。プリンターがなくてもpdfとかファイルにしておけばいいですよね。

何言ってるかわからないとか、早口だったりとかそういう不安もなくていいです。

ゆっくりでどうぞ~

ちょっと離席したり、「えーっとなんて言ったらいいんだろ」とか、あれどこやったかな調べよう、ってなってもあんまり気にしなくていい点があります。電話だとちょっと気まずいですよね。人によるかもしれませんけど。また最初に注釈がありますがサポート側の人も少し時間を取ることがあります。こちらの契約状況などを調べてもらえますのでその時は時間がかかりますし、常に張り付いてもらっているわけではないのでそのあたりは仕方ないですね。なので時間に余裕を持って問い合わせしたい所です。

電話代かからない!電波も気にしない!

長電話になりがちでフリーダイヤルなら問題ないですが、フリーダイヤルは携帯からかけられません。ってものもたまにあります。この辺りも気にしなくていいので便利ですね。あとは電波が悪い所でも使えるのが良いですね。パソコンの通信状態が悪いとセッション切れてしまうので要注意ですが。やっていませんがおそらく問い合わせ番号などをメモしておけば(コピペしておけばいいかも)切れたときも、「さっきの件」といって繋ぎなおしてもらえると思います。

対応時間

対応時間も24時間だったのが良かったです。電話で24時間サポートは無償では難しいのでしょうけどチャットでも問い合わせできれば助かりますよね。これからもずっと24時間かはわかりませんが、おそらく電話の時間よりは長いと思います。

まとめ

クレジットカードの購入履歴を調べていてたまたま気づいたのでこのような問い合わせが発生しました。自動延長などでクレジットカードから引き落とされるものもあると思います。見直しをするのを忘れずに。またシマンテックの場合はこのページのようにチャットサポートを使えば比較的簡単に色々調べたり契約状態を変更することもできそうです。

今はシマンテックに限らずチャットサポートが増えていますので機械があればまた使ってみようと思いました。